AI温度検知 導入事例 ゲーテ・インスティトゥート東京

インタビュー

本格的な活動再開に向け、感染防止に高い効果を発揮する「SenseThunder-Mini」には大変満足しています。

ゲーテ・インスティトゥート東京 様

ゲーテ・インスティトゥートは、ドイツ語教育の推進と芸術文化における国際協働の促進を目的したドイツ連邦共和国の公的機関です。東京のオフィスは赤坂にあります。新型コロナウイルス感染の拡大により、いち早く授業をオンライン形式に移行しましたが、早く本格的な活動再開を目指し、館内の感染予防対策に力を入れています。今回はゲーテ・インスティトゥート東京総務部長ヨハナ・バラスカス様にAI温度検知システム「SenseThunder-Mini」の導⼊に⾄った経緯などについて伺いました。

TOPICS

  • 本格的な活動再開に向け、感染防止に高い効果を発揮し、大変満足
  • 新しい生活様式を参考に、来訪者全員の温度検知の実施が感染防止に有効
  • 速度・精度・価格・納期といった条件全てに叶うものだった

日本政府が発表した新しい生活様式の実践例を参考に、来訪者全員の体温測定の実施が感染防止に有効だと判断しました。

まず、ゲーテ・インスティトゥートの活動について教えてください。

ゲーテ・インスティトゥートは、ドイツ連邦共和国の文化機関として世界98か国157か所で活動を展開しています。海外のドイツ語教育の推進と、芸術文化における国際協働の促進が主要な活動です。

外国語としてのドイツ語の教授法・学習法の国際スタンダードを設定し、教材の編纂、教員研修の実施、学術研究への貢献、さらには言語政策への取り組みにも関わっています。また、ドイツの最新の動向を踏まえ、芸術文化プログラムを実施、国際協働を支援しています。図書館・情報センター、フォーラム、様々な出版物さらには利用者向けサービスを通じて、芸術文化、社会・政治に関する最新情報を取り上げて現在のドイツの全体像を伝えるとともに、グローバルな課題に関する議論を促進しています。

ゲーテ・インスティトゥート東京はいつから活動していますか。来訪者の数などについても教えてください。

東京では1962年から活動しており、現在の建物にはホール、教室、図書館があります。ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に準拠したドイツ語講座には、企業・法人向けや、個人レッスン・小グループレッスンもあります。
1年に7,000時限の授業をのべ1,500名が受講し、日本のパートナー機関と共同開催する外部プロジェクトも入れると芸術文化プログラム来場者が約10,200名、図書館利用者は約9,400名にのぼります。

新型コロナウィルスの感染拡大がもたらした影響と、その対策についてお話しください。

今年2月から3月にかけて、不特定多数の方が集まる館内での催し物を中止し、図書館を閉鎖、ドイツ語講座を全てオンライン授業へ移行しました。緊急事態宣言の発令に伴い4月は建物自体が閉鎖されていました。緊急事態宣言解除後の6月1日より小規模な対面式授業を再開することが決まり、日本政府が公表した新しい生活様式の実践例を参考に、室内でのソーシャルディスタンスの確保やパーテーションの設置に加え、来訪者全員の体温測定の実施が感染防止に有効であると判断しました。

1階の総合受付に設置された「SenseThunder-Mini」(※撮影時は「SenseThunder-E」のデモ機)

検証を重ねた結果、唯一「SenseThunder-Mini」が速度・精度、価格、納期といった条件全てに叶うものでした。

6月1日に制限付きで活動を再開するにあたり、どういった点に注目して「SenseThunder-Mini」の採用を決められたのでしょうか。

初めはガンタイプを検討しましたが、相手の額にガンタイプの体温計を向けるのはあまりフレンドリーな印象を受けませんでした。検証を重ねた結果、唯一「SenseThunder-Mini」が速度・精度、価格、納期といった条件全てに叶うものでした。マスクを付けたままカメラの前に立つだけで、簡単かつ素早く温度検知ができます。また、管理者にとっても設置に手間がかかりません。国内複数の官公庁の導入実績も、採用を後押ししました。 適切なタイミングに適切な対応をとることができたことを喜ばしく思っています。

アフターコロナにおける温度検知の重要性をどのように考えていらっしゃいますか?今後の展望についても教えてください。

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、やはりある程度長期化すると見込んでいます。こうしたなかで、、館内での文化プログラムやドイツ語講座、図書館サービスを再開し、安心して施設をご利用いただくには、感染予防対策に真摯に取り組むことが重要だと考えています。適切なコストで高い効果を発揮する「SenseThunder-Mini」には大変満足しています。今後少しずつ利用者が戻ってくることを待ち望んでいます。

来日してまだ1年余りのヨハナ・バラスカス様。慣れない地でも日々変化する状況を的確に捉え、適切な対策を講じる姿は頼もしい限りでした。お忙しい中ご協⼒ありがとうございました。
カタログダウンロード

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。