お知らせ

World Artificial Intelligence Conference 2019にJCV登壇

公開日:

皆様こんにちは!
JCVマーケチームのジョアンナです。

今回は、先日上海で開催されたWAIC2019 (World Artificial Intelligence Conference) に、当社代表取締役社長 Andrew Schwabecher (アンドリュー シュワベッカー) が登壇いたしましたので、そちらをレポートしたいと思います。

今年のWAICも世界中から多くのAI学者や企業が集まりました。講演プログラムではAIに関する最新トレンドや技術的進歩が様々なテーマで語られ、企業の各ブースでは魅力的な製品やサービスが数多く紹介されていました。

今回JCVは、技術パートナーであるSenseTimeがWAIC内で主催したフォーラム「AInergy」にて登壇し、製品の概要や実績、そしてAIがもたらす未来について熱く講演いたしました。

また、続くパネルディスカッションでは、SenseTime社の創設者「Tang Xiao’ou」が司会する中、当社社長を含めた学者やビジネスリーダーの方々が、産業の高度化をAIがどのように推進していくかを様々な角度から議論しました。

会場は約1,000名が来場し満席になり、またスクリーンに投影された資料をスマホで撮影される方々も多く、参加者の関心の高さがうかがえました。こうしたカンファレンスに今後も積極的に参加し、AIがもたらす快適な毎日、便利な生活をたくさんの方へお伝えしていきたいと思います!

【本件に関するお問い合わせ】

日本コンピュータビジョン株式会社 マーケティング担当
問い合わせフォームよりご連絡をお願い申し上げます

CONTACT

ご相談、お⾒積もりのご依頼、
ご不明点などお気軽にお問い合わせください。

日本コンピュータビジョン(通称:JCV)について

日本コンピュータビジョン株式会社は、ソフトバンク株式会社を親会社とするAIカンパニーで、SenseTime社の画像認識技術を活用し、“スマートビルディング分野”と“スマートリテール分野”に対して最先端ソリューションを提供します。